読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲーム小僧

ゲームは1日1時間!アンドロイドやiPhoneのゲームアプリそしてベイブレードバーストなどのおもちゃを中心に紹介しているサイトです

タカモンGO(鷹の爪団とGO) はイラッとすること込みで楽しむゲーム

takamon-go

みなさん、タカモンGO楽しんでますか?

ゲーム小僧は、現在かんたん図鑑マスターふつう図鑑マスターをクリアして超むずかしいに挑戦中。 [caption id="attachment_1602" align="aligncenter" width="280"]タカモンGO ふつう図鑑マスター

タカモンGO ふつう図鑑マスター
[/caption]

図鑑を見るかぎりタカモンGOには全部で40種のなんとかモンがいます。

38種を捕獲し、残り2種「なんとかモン」ゲットでコンプリート。

タカモンGOのイラッとするところ

なのですが、この超むずかしいで、いろいろとイラッとしながら苦戦しているところです。 タカモンGOはイラッとすること込みで楽しむゲームなんです。

タップを10回すると出ててくるお邪魔虫がイラつかせる

お邪魔虫の正体はインタースティシャル的な?全面広告

これを何度間違えて押したことか。押すたびにGoogle Playに飛ばされてイラッとする。

しかもこれが動画広告ならマジめんどいことになります、 このとき僕たちは最悪の2択を迫られるのです。

動画を最後まで見る or 動画をタップしGoogle Playのアプリぺージまで飛ばされる

僕はもう諦めて動画を見るようにしています。

しかし動画広告をここまで見せられたゲームは初めてです。

タカモンGOでなければここまで広告を表示させるアプリは即削除ですから。

あと、データ転送量も大したことないのかもしれませんが少し心配です。

しかも全ページで最下部にバナー広告が掲載されているにもかかわらず、10回〜8回画面遷移に1回程度、全面広告を出して精神を追い詰めてくるウザ仕様。 [caption id="attachment_1600" align="aligncenter" width="280"]タカモンGOふつう図鑑マスター 

タカモンGO ふつう図鑑マスターの画面。
このスペースに広告バナーが貼られていて、どの画面にも出てくる。
[/caption]

さらにアイテムを購入するためのショップにもバナーがあるという徹底ぶりさは、さすが鷹の爪団です。

というか、ここまで効果のない広告を出してGoogleやクライアントは問題ないのだろうか……不思議

と考えていたら、何度も見せられる「城とドラゴン」(前から興味あり)をインストールしてみようかな? と思っている自分に気づく。

むしろGoogleやクライアントの思惑通りじゃないか!

タカモンGOのすごいところは、このイライラする広告さえゲームの一部なのではないかと、ゲーム小僧に思わせてしまうところです。

鷹の爪団のマッドサイエンティスト「レオナルド博士」の風にイラッとする!

このゲームの難易度を作り出しているのが鷹の爪団のマッドサイエンティストのクマ、いや「レオナルド博士」が繰り出してくる風。 [caption id="attachment_1613" align="aligncenter" width="99"]タカモンGO レオナルド博士

タカモンGO レオナルド博士
[/caption]

しかしこのクマ。頭にアンテナが付いているのでおそらく彼はレオナルド博士ではないでしょう、レオナルド博士によって作り出されたおじゃまロボットなのでしょう。

ちなみにレオナルド博士、本名は、レオナルド・デカ・ヴィンチ、自称、かのレオナルド・ダ・ヴィンチの子孫。こう見えて40歳です。

このレオナルド博士が作ったロボットが繰り出す風、ふつうレベルまではほとんど影響してこないのですが、「超むずかしい」では、ボールの曲がりが激しくなり、かなりむずかしくなります。

ちなみに気象庁のホームページで風速について調べてみましたが、風速6メートルっていうのは、たいした風じゃないっぽいです。

やや強い風:風速が10m/s以上15m/s未満の風。 強い風:風速が15m/s以上20m/s未満の風。 非常に強い風:風速が20m/s以上30m/s未満の風。 暴風:風速が20m/s以上の暴風。 猛烈な風:風速がおよそ30m/s以上、または最大瞬間風速が50m/s以上の風。

やや強い風ですらない……なんでこんなにボールが曲がるんだ! まさかタカモンGOプラスと一緒で紙製なのか?

ボールが曲がりすぎて「なんとかモン」の横を通りすぎていくことが多く苦戦するのですが、この難易度に合わせてイラっとさせてくれるのがボールの残量。

ボールが増えるのは5分に1個

ボールは難易度ごとに最大20個まで持てます。 [caption id="attachment_1620" align="aligncenter" width="120"]タカモンGOのボール

タカモンGOのボール
[/caption] で、このボールそれ以上は持てないので貯めることができません。

確かにポケモンGOのように歩き回ってポケストップでモンスターボールを集める必要はありませんが、5分に1個ですからね。微妙な時間です。

超むずかしい」では一体の「なんとかモン」を捕まえるのにボールを10個とか使うこともたまにあります。そうすると、あっという間にボールはなくなるわけですが、5分待たなければ次が投げられないことになります、しかも1個では失敗に終わることが多く、どうしようもないのでしばらく放置するしかなく、連続してゲームができないのです。

もちろん課金してボールを購入すれば可能です。

ボールを50回満タンにするアイテムは魅力的だが、高い!高すぎるぞ吉田くん。 [caption id="attachment_1627" align="aligncenter" width="316"]タカモンGO これでボールはまんたんの20個になるアイテム

タカモンGO これでボールはまんたんの20個になる
[/caption] ボールを1回満タンにするアイテム:240円 ボールを10回満タンにするアイテム:1400円 ボールを50回満タンにするアイテム:6000円

課金するなら、金をつかわないこんな方法もあるぞ

これまで書いてきた ・10~8タップ(画面遷移)に1度表示される広告 ・おじゃまロボットが繰り出す風 ・持てる数が20個しかないのに5分に1回しか補充されないボール

この3つが組み合わさったとき、最高にイライラさせてくれるのです。

でもやってみるとなかなか面白いタカモンGO(鷹の爪団とGO) です!

一緒に楽しくコンプリートを目指しましょう。